手順

個人差はありますが、ホームホワイトニングに比べ、オフィスホワイトニングの方が、1回目の治療から効果を実感する事が出来ます。もちろん、1回より、2回、3回の方がより効果を感じる事が出来ます。ここでは、オフィスホワイトニングの手順についてご説明します。

まず、口の中全体の診査を行います。レントゲンを撮ったり虫歯や歯周病の有無を調べます。虫歯や歯周病などがあった場合は、まず治療を行い、同時に歯石などを取り除きます。次に口の中のクリーニングを行い、歯の着色を取り除きます。続いて、ホワイトニングを行う前の歯の状態を撮影します。更に、ジェガードという歯の色の見本を見ながら、ホワイトニング前の歯の色の確認をします。そして、ようやくホワイトニングの治療が開始されます。保護材で歯茎などの粘膜を保護してから高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布していきます。ホワイトニング剤の効果を発揮させる為に、特殊なライトで歯を照射していきます。ホワイトニング終了後は、薬剤をよく洗い流し、仕上げのクリーニングを行います。最後にジェガードを見ながら、施術前と施術後の歯の色の変化を確認します。その後は定期検診で様子を見ながら、必要があれば追加していきます。