注意点

ホワイトニングは、誰でも出来るわけではありません。ホワイトニングに適さない人とは、どのような人なのでしょうか。まず、妊娠している人や授乳中の人は出来ません。ホワイトニング事態に問題はありませんが、妊娠している人や授乳中の人に安全性が確立されていない為、お勧め出来ないのです。また、虫歯がある人や歯周病が進んでいる人は薬剤の影響で痛んだり、悪化する可能性がある為ホワイトニング出来ません。人口の歯の場合も、ホワイトニングは効きません。その他に、無力タカラーゼの人もホワイトニングは出来ません。無力タカラーゼ症とは、過酸化水素を分解するタカラーゼが不足している病気であり、ホワイトニング薬剤には過酸化水素が含まれているので、ホワイトニングは出来ません。

次に、ホワイトニング後に控えるべき飲食物には、どのようなものがあるのでしょうか。基本的に、ポリフェノールを含むものや柑橘系、ビタミンC、酢、炭酸飲料、色の濃い飲食物は控えます。主に、カレーやチョコ、ケチャップ、いちごやブドウ、コーヒー、赤ワインなどです。また、たばこはヤニによる着色、歯磨き粉も色付きのものあがある為、くれぐれも気を付けます。

ホワイトニングの効果を最大限発揮、維持する為にも、ホワイトニング後の食事制限、ライフスタイルはとても重要です。最低限の事はきちんと守り、白い歯を維持できるよう努めましょう。